ハウスクリーニングは誰でも簡単に開業できる

申請をスムーズに

説明

異なる申請方法

中華人民共和国香港特別行政区こと香港は、観光目的などの場合、日本人であれば査証がなくても入国することができます。就労や会社設立のために滞在する場合は、別途査証が必要になりますので、申請の手順を知っておくと便利です。香港ビザは他の東南アジア諸国に比べて審査基準が厳しいといわれていますが、申請書類を正しく準備し、申請すれば問題なくビザを取得できます。ビザは一度の申請で取ることが重要になるので、ビザの専門家へ相談することもお勧めします。申請者のビザを許可することで、現地香港の人達の雇用が新たに見込まれることや、申請者が香港の市場や経済によい貢献をもたらす可能性があること、申請人だからこそできるプロフェッショナルな業務内容や役職であることが条件に含まれます。投資ビザの場合、申請者の必要書類として、最終学歴証明書や銀行残高のコピー、自社の事業計画書やオフィスの賃貸契約書など多くの書類が必要になります。また書類以外にも香港人スタッフ1名以上雇用することや学歴や実務経験が一定の水準を満たす必要があり、自分で準備をすることもできますが書類もれのないようにプロに申請を依頼することもできます。その場合は、ビザ取得の実績が豊富で申請費用も明確な会社を選ぶと安心です。ビザ申請は、まず問い合わせを行い、アドバイザーとの面談で取得に向けた書類を準備します。ビザの審査期間はおよそ1か月ほどなので、早めにとりかかりましょう。